名古屋市昭和区御器所にあるバレエ教室|MINATO Ballet(みなとバレエ)   御器所駅③番出口、徒歩南へ3分。レッスン終了後、最大21:00までお預かりできます。
                                   『赤ちゃんの駅』認定取得バレエ教室。
HOME教室概要

教室概要
代表あいさつ


   代表:加藤みなと
    [MINATOBallet]

 当教室代表。全クラスを担当
自分の幼いころの記憶...
母に連れられ、バレエ教室へ。どことなく漂う異空間。
バレエなんて...って思い続けながら、
お習字、ピアノ、フィギュアスケート、絵画、英会話などなど
数えあげたらキリがない程の習い事の中のひとつだったバレエ。

いつしか絞り込まれて残った習い事がバレエだった。
だから、留学?コンクール?全く興味がなかった。

人生の転機は、26歳の頃。
ずっと続けてきた、自宅 → スタジオ、バレエを続けるためのアルバイト生活。レッスン・リハーサルを
重ねる度に痛みが増していく足。立つこともままならず
痛みをおしての舞台本番。トゥシューズなんてはいてられない。
足の権威と言われる医師の扉をたたき、傷病名は「モートン病」
検査・検査の後、両足趾手術。
「バレエを辞めなきゃ、痛みはとれないし、治らない」と。
腰椎ブロック注射を打ちながらの支部・文化センター講師行脚。
レッスンに戻れない、舞台にも立てない、先の希望を持てず、バレエを棄てた時期。

30でひとり目出産。
長男は胎便吸引症候群で仮死出産。
経腟出産、完全母乳など、希望にあふれた出産を夢見ていたから、
また、どん底に。退院後は、長男の成長に不安を感じながら、フォロー通院。

二度目の転機は32。
子のフォロー通院が外れ、私の足のフォロー通院も外れ、
これから育児専念と思った時に、虚無感におそわれ、
完全に夢破れて頼った産院。長男の友だち作りにと通った親子サークルを思い出し、
私もと思って、立ち上げたのが MINATO Balletの前身、
MINATO Ballet cercle 、私が経験してきたバレエを活かした形。
たくさんの親子さまとの出会い、再び舞台に戻れたあの日のこと。
そして実母の死。
35でふたり目出産。
2年に渡る待機児童。そして、2度目の足の手術。私のことを支え続けてくれた祖母の死。
なかなか順風満帆とはいかない人生。
ケガの再発。何か原因があって再発するわけだからと、
答え探しのセミナー行脚。
気がつけばカラダのおもしろさ、バレエの奥深さにハマっている私がいました。

本部スタジオを設立して1年。
朝クラスでは、育休明けて卒業していく方がいらっしゃいます。
わらをもすがる思いで、扉をたたいた、あの頃の私がいます。
わが子と夢見る、ダンサーの夢。
素敵な夢見させくれる子どもたち。
ひとりひとりが輝いていけるバレエスタジオを目指して
皆様と一緒に成長して参りたいと思います。
今後とも、ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。


          MINATO Ballet
     
代表 加藤みなと
教室概要
名称

代表者

本部教室所在地


TEL&FAX

Mai
MINATO Ballet (みなとバレエ)

代表:加藤 みなと

〒466-0027 名古屋市昭和区阿由知通5-11-3
      サン桜山ビル1階/2階東

052-875-3751

minato_ballet@yahoo.co.jp
アクセスマップ
地下鉄御器所駅③番出口から徒歩3分環状線に沿って南へ。ピンク色の外壁のスタジオです。
市バス 昭和巡回 恵方町 下車すぐ(金山発)
※駐車場はございません。

本部スタジオのご案内
■1F バレエスタジオ

■2F フリースペース


MAPの詳細はコチラ
HOMEMINATOBalletの歩みクラス紹介スケジュール料金のご案内フォトギャラリーブログお問い合わせ プライバシーポリシー規約サイトマップ
Copyright (C) 2010 MINATO Ballet. All rights reserved.
inserted by FC2 system